株式会社 エムズコーポレーション

切削加工、真空注型の試作、光造形、及び簡易型のことならエムズコーポレーション

>トップページ >会社概要 >サイトマップ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

エムズが選ばれる4つの理由

切削加工

光造型

真空注型

簡易金型

各種事業

エムズが選ばれる4つの理由

技術力

提案力

充実の設備

品質管理

 

会社概要

 

求人情報

 


engage
 
facebook

 

MLOG

 

キリンノメ

 

HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

求人募集~エムズで一緒に働きませんか?~

営業部門・管理部門・製造部門の人材を募集しています
株式会社エムズコーポレーション
新しいモノを一緒につくりませんか?

試作品製造というちょっと変わった仕事。
開発の現場では普通にわかってもらえる試作品って、一般の人には何それ?と
いうのがほとんどの人から言われます。

新製品が発売されるまでには、試作品を作ってあらゆる検証を行なって世の中に
生み出されています。

試作品は開発の初期段階。
メーカーの担当者と打ち合わせを行なって、加工の提案を行なってメーカーと
一緒に製品を作り上げていきます。
実際にモノを作る加工者は、何を作っているのかわからないものもありますが
発売された時には、自分が作ったものだという何ごとにもかえ難い喜びがあります。

加工者だけではなく、営業担当者、事務スタッフなど関わるすべての人が
同じ気持ちになります。誰も知らないことを仕事にしている、ちょっとした
優越感があります。


今回、募集するのは好調な業績を受けて次世代の人材を採用して体制を
強化しようと考えているためです。
ですから、募集職種もあらゆる部門で採用を行ないます。


■営業部門
①営業
メーカーへの技術営業。既存顧客への営業がメインになり、さらに新規営業も
おこないます。お客さまと打ち合わせ、納品するなど直接反応がいただけます。

②営業アシスタント
いわゆる営業マンを支える仕事になります。オモテには出ないものの、後ろから
しっかりサポートする大事な役割。

■管理部門
受注した案件の管理、経理、労務など業務は多岐にわたり、バックオフィスで
じっくり働きたい人には向いています。

■製造部門
設計されたものを実際にカタチにする仕事。
CAD/CAMを使って加工プログラムを作ってマシニングセンタ(工作機械)を
動かして製品を作り上げていきます。
機械化されていますから手加工で作り上げていくわけではありません。

詳しい募集内容は以下のリンク先に記載しておりますので、ご興味ございましたら
どちらからでもご応募いただきますようお願い致します。


求人ページ
http://www.ms-corporation.jp/original15.html
engage求人サイト
https://en-gage.net/ms-careerhack/




 

2017-10-05 14:27:51

コメント(0)

アルミ切削サンプル

これまで製作しましたサンプル品の紹介です。
 

今回、ご紹介するものはアルミの切削品になります。
お客さまからのご依頼のものではないオリジナル品です。

 

 
亀をひっくり返すとこんな感じ

 

 
 
簡易スタジオで、できるだけ見やすいように撮影も工夫しています。

 


 
こちらの製品サンプルを直接ご覧になりたいとご希望がありましたら
弊社では3拠点の事業所で全国をフォローしておりますので、お気軽に
ご連絡いただければ、お持ちしてご案内させていただきます。
 
アルミは、A5052が汎用的でよく使われておりますが、A2017を含むA2000系、
A6061を含むA6000系、超々ジュラルミンといわれるA7075のご依頼も多く、
最近ではADC12の切削加工が増えてきております。
 
それぞれ材料から弊社で調達可能です。
 
切削だけではなく、石膏鋳造、ダイカストも対応いたしますので何なりと
ご相談いただければと思います。

  
■本社
〒572-0076
大阪府寝屋川市仁和寺本町2丁目21-1
TEL:072-828-0915 FAX:072-828-0921
担当:青木、原田、山尾
http://www.ms-corporation.jp/original14.html#01
 
■東京事業所
〒273-0015
千葉県船橋市日の出2-1-2
TEL:047-432-7231 FAX:047-432-7233
担当:臼井、野中、堀川
http://www.ms-corporation.jp/original14.html#02
 
■東海事業所
〒430-0841
静岡県浜松市南区寺脇町763-1
TEL:053-540-0890 FAX:053-540-5118

  
少しづつではありますが、インスタグラムの方にアップしておりますので
そちらも楽しんでいただけます。
http://instagram.com/msjp.gram

 

 

 

 

 



 

2017-09-19 13:22:52

コメント(0)

商経機械新聞に掲載されました

2017年8月31日の商経機械新聞の3面に掲載されました。

7月に本社に導入したブラザー工業の小型複合機 M140XIIをメインに紹介されています。

こちらのマシニングは弊社にはこれまでにない複合機になり、治具を作って多面加工を
していたものがワンチャッキングで加工できるため工程集約が可能になりました。

さらに旋削加工も行なえる仕様になっております。


2017年8月31日 商経機械新聞3面

 




brother SPEEDIO M140XII
 M140X2









 


 

2017-09-01 14:07:54

コメント(0)

「ものづくりパートナーフォーラム in 大阪2017 」に出展します



開催日時 2017円9月15日(金) 10時30分~17時00分
会場 大阪マーチャンダイズ・マート2階 展示Bホール
   大阪市中央区大手前1-7-31 地下鉄天満橋駅から直結
入場無料

日経ものづくり主催の「ものづくりパートナーフォーラム」に出展いたします。
ご来場の際は、弊社ブースにも是非お立ち寄りください。







お問い合わせ                 
株式会社エムズコーポレーション
営業部
〒572-0076大阪府寝屋川市仁和寺本町2-21-1
TEL:072-828-0915
FAX:072-828-0921
URL:http://www.ms-corporation.jp/






 

2017-08-21 12:36:11

コメント(0)

各拠点に三次元測定機が揃いました

本社と東海事業所(浜松)には三次元測定機はありますが、東京事業所には
まだ所有しておりませんでした。

これまでは画像測定機での検査で評価しており非接触式での測定で、時には
非接触では満足できないワークもあるわけです。
そのような場合は何とか工夫して測定していました。

しかし、東京にもようやく三次元測定機を導入しましたので、高さ方向まで同時に
測定できることが可能になりました。

これは測定時間の短縮にもなりますし、より精度の高い測定値になります。


Mitsutoyo Crysta-Plus M776 (700×700×600)






















 

2017-07-10 17:58:51

コメント(0)

旋削加工を備えたマシニングセンタの導入

本社(大阪)にコンパクトなマシニングセンタを7月に導入いたします。

これまで弊社にはなかったタイプのものになります。
旋削機能を備えたマシニングセンタ、ワンチャッキングで旋盤加工後のマシニング加工が
実現できます。
これまで治具で芯出しをして後加工していたものが1台の加工機で可能になります。
これにより治具が不要になり工程が削減できます。

今回導入するのはブラザー工業のSPEEDIO M140X2 、弊社でも新たな可能性を感じる
マシニングセンタです。









[ブラザー]M140X2 加工事例 アルミニウム  [ブラザー]M140X2 加工事例 アルミ鋳物
 

 













 

2017-06-20 12:16:44

コメント(0)

まもなく5軸加工機導入

東京事業所に7月、5軸制御のマシニングセンタを導入します。
合わせて3軸制御マシニングセンタも2台が決まっており、これまでの3台体制から
一気に合計6台になります。

どちらもオークマ製のマシニングです。

5軸制御立型マシニングセンタ MU-5000V
テーブルサイズ φ500
XYZ移動量 800×1,050×600
A軸移動量 +90~-120度
C軸移動量 360度
主軸回転速度 15,000



これまで3軸では加工できなかったもの、3軸では治具が複数必要だったものは
5軸加工機の導入でクリアできます。
弊社でははじめての5軸加工機になりますが、今後 5軸の導入は積極的に検討して
おりますので、今後とも技術を磨いて良品を作り続けます。


5軸制御立形マシニングセンタ UNIVERSAL CENTER MU-5000V (YouTube)
 

 

 

3軸立型マシニングセンタ MILLAC 44V II
テーブルサイズ 630×400
主軸回転速度 12,000
































 

2017-06-15 09:50:29

コメント(0)

オリジナルケース

スマホ、タブレットなどまわりでもがほとんどの人が持っている、そんな印象です。

総務省の平成28年に発表されている「平成27年通信利用動向調査の結果」では
個人の割合ではじめて50%を超えたそうです。

平成27年ですから、今ではもっと普及率は上がっているでしょう。

そんなスマートフォンには、こだわりのケースを付けている人が多いです。
中には何もつけないという人もいます。これもこだわりですね。

でも、人気の機種ではない、古い機種になったとなれば選択できるケースの
種類が少ないとか、もうケースは販売されていないってこともありますね。

社内で使っているタブレットは、まさにそれです。



デジノスタブレット [Diginnos Tablet DG-D07S/GP]
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_diginnos_tablet_dg07_gp

販売が2013年くらいですからね。当時でもケースは選べるほど種類は
なかったと思います。

このタブレットでも便利に利用しているため、落として壊さないようにケースを
つけたいと思うわけです。
でも売っていないし・・・となれば、作ってしまえとオリジナルケースを
作ってみました。

滑らないようにとなれば材質はゴムがベスト。

さっそくタブレットの寸法を測定して社内で簡単に設計。
タブレットは1つだけなので金型までは作りません。

樹脂で型を作って、そこにシリコンを流し込んでと考えて ササッと作ってしまいました。




これが型なの?と思われるでしょうか。それとも何これ?といった感じでしょうか。
でも、これが樹脂で作った型なんです。


型が完成したら・・・そこにシリコンを流し込めばいいのですが、
せっかく作るのですからオリジナルな感じで作ってみました。







色のついている部分は凹凸をつけたため、さらに滑り止め効果があがって
落下防止になります。グリップ感が増しています。

他にもこんな感じのものも作ってみました。写真右のマーブル感のもあるのが
実は第1号だったりします。




何度かつけたり外したりしていると切れてしまったので画面の角を丸く(Rをつけて)
して改良。これは型を改良することで改善できるんです。





裏側には文字とエムズのロゴが入っています。


最後に作ったこのデザインのものをつけまして、今 現場で使っています。




型ができれば、色を変えたり、模様をつけたりすることできますから気分に
よって着せ替え・・・そんな楽しみ方もできます。














 

2017-05-16 09:23:09

コメント(0)

スマホサイト改良~ウェブクリップアイコン設置~

弊社、ホームページはスマートフォンにも対応しております。

スマートフォンを当たり前に使うようになっていますから、ホームページの
アクセスもスマートフォンで調べていただいているケースが増えてきました。

そこで、パソコンのブラウザでお気に入り登録(ブックマーク)したら
ファビコンがあらわれるように、スマートフォンでもお気に入り登録しましたら
弊社のロゴをあらわすウェブクリップアイコンを設置しました。

 


お気に入りだけではなく、ホーム画面に登録していただければ弊社のロゴが
アイコンになります。

スマートフォンのブラウザで「エムズコーポーレーション」と入力して
検索してください。





トップに出てきますのでタッチして弊社ホームページを開いてください。





ここから「お気に入りに追加」か「ホーム画面に追加」を
タッチしてください。





左側がiOS、右側がAndoroidのブックマークする画面

お気に入りに追加をタッチすると、このような画面になります。
(iOSの場合はブラウザがChromeの時、Andoroidの場合)



 
 


ロゴマークが出ているのがわかります。
ホーム画面に追加を選ぶと・・・






このようにエムズロゴのアイコンが表示されました^ ^







マグネシウムの切削、亜鉛ダイカスト(ZDC2)の切削のご相談は多く
いただいています。
樹脂、アルミ、鋼材など幅広く対応しております。







 

2017-02-09 19:02:06

コメント(0)

MLOG更新 第5回 3Dコピー(真空注型)~型組み~

3Dコピーの連載、今回は5回目となりますが、ここまで紹介してきたものを
おさらいしてみます。

第1回 3Dコピー(真空注型)とは
第2回 3Dコピー(真空注型)の工程の説明
第3回 3Dコピー(真空注型)~パーティングライン~
第4回 3Dコピー(真空注型)~ゲート~

第1回から3Dコピーについて簡単に説明させていただいております。
第3回と4回で型取りの工程を案内していますが、今回はいよいよ
型取りゴム型づくりの最終章です。

このつづきは、MLOGでご覧ください。



MLOG 第5回 3Dコピー(真空注型)~型組み~
http://msplusone.blogspot.jp/2016/08/5-3d.html

 

2016-08-18 12:27:25

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1